2017.01.19

カナダで短期語学留学するなら1ヶ月にどれぐらいの費用が必要かまとめてみた


カナダで短期語学留学するなら1ヶ月にどれぐらいの費用が必要かまとめてみた

カナダワットはバンクーバーで20年近く留学生を受け入れています。多くの留学生をサポートしてきた経験から、バンクーバーで語学留学をするなら1ヶ月にどれぐらいの費用が必要かをご紹介します。
なお、バンクーバー以外のカナダの都市での語学留学を考えているなら、バンクーバーより生活費が1割ぐらい安くなるということを頭に入れておいてください。そうすればバンクーバー以外のカナダの都市への語学留学でも参考になるかと思います。

今回、語学留学の費用を計算するにあたり、費用を「毎月かかる費用」「留学全体でかかる費用」の2つに分けます。
1ヶ月間の短期留学の場合にはこの2つを単純に足せば大まかな留学費用がわかります。
一方で2ヶ月以上滞在する場合には「毎月かかる費用」を滞在する月の分だけ掛け算すれば大丈夫です。例えば3ヶ月間の留学の場合には「毎月かかる費用×3+留学全体でかかる費用」が留学費用になります。
なお、以下の金額は「1カナダドル=80円」で計算しています。

それでは最初に「毎月かかる費用」から見ていきましょう。

バンクーバーでの語学留学で毎月かかる費用

バンクーバーで語学留学をする場合に毎月必要な費用をリストアップします。

語学学校関連

語学留学なので学校に通わないと何も始まりません。
バンクーバーの多くの学校でこのような費用が必要になります。フルタイム(週25時間の授業)での1ヶ月分の費用です。

  • 授業料:100,000円
  • テキスト代:4,000円

授業料やテキスト代は語学学校によって違いがあります。しかし、平均的にこれぐらいの費用がかかると考えておけば良いでしょう。また、通う季節によっても授業料が変わってきます。オフシーズンの冬には授業料が安くなり、日本の大学の夏休みに当たる7-9月は高くなります。
なお、学校に通う期間が長くなるほど割り引きがある学校が多いです。長期間通う予定があるならば、最初のうちから長期間の通学を申し込んでおきましょう。
カナダワットではバンクーバーにあるほぼすべての語学学校をご紹介できます。そして語学学校のカリキュラムや授業料を把握しています。もし、気になる学校があったり、力を入れたい英語のスキルがあったらお気軽にご相談ください。カナダワットのエージェントがあなたに合った語学学校をご紹介します。

生活費

生活費の中で一番大きい割合を占めるのが家賃です。バンクーバーの語学留学では大きく分けて3つの滞在方法があります

  • ホームステイ
  • アパート
  • シェアハウス

1ヶ月の短期の滞在の場合にはホームステイが多いでしょう。3ヶ月から半年ぐらいになると、滞在前半はホームステイで、後半は友達とアパートを借りたり、シェアハウスに移り住んだりする方が多いです。

なお、カナダワットではホームステイをあまりおすすめしていません。ホームステイについては多くの方から相談を受けています。詳しくは『ホームステイってどうなんでしょうか?』をご覧ください。

それではそれぞれの滞在方法で1ヶ月にどれぐらいの費用が必要か見てみましょう。この費用には家賃、光熱費、通信費(インターネット)、雑費(日用品など)、食費が含まれています。

  • ホームステイ:68,000円
  • アパート:76,000円
  • シェアハウス:60,000円

金額を単純に比較するとホームステイやシェアハウスが安いことがわかります。しかし、ホストファミリーやシェアメイトを自分で選べないことを考えると、日常生活でストレスがかかってしまうかもしれません。
一方でアパートの場合には自分で好きな相手と住むことができるのでその心配がありません。そして自炊をして食費を削ることで費用を抑えることができます。

現代の日常生活で必要なのが携帯電話です。バンクーバーには複数の通信会社があり、プランも様々です。
電話とインターネットが使える携帯電話の一般的なプランは4,000円ほどです。しかし、日本のように大量の通信ができるわけではないので家や学校、カフェなどのWiFiを賢く利用しましょう。

また、語学学校に通うための交通費が必要です。家から学校までの距離や交通手段によりますが、バンクーバーで一般的なバスを利用した場合、定期代が1万円ほどと思っておけば良いかと思います。

その他

「俺は勉強をしにバンクーバーに行くんだ!!」と言っていても、やはり息抜きはしたいものです。現地で知り合った友達と遊びに行ったり、観光に行ったりするのも留学生活の楽しみのひとつです。
交際費として月2万円ほどが平均的です。これはあなたが滞在中に何をしたいかによって大きく変わります。

また、留学で滞在する時に保険に加入しなければいけません。通常は渡航前に日本で加入し、まとめて料金を支払います。
しかし、滞在日数によって金額が変わるので毎月かかる費用に分類しました。
携帯電話の料金同様に保険会社によってプランが様々です。一般的には保険料が1ヶ月あたり1万円ほどを見ておきましょう。
具体的な補償内容や金額はカナダワットと提携している代理店にて見積もりが可能です。一度、保険料を無料で問い合わせてみてはいかがでしょうか。

語学留学で毎月かかる費用まとめ

ここで語学留学で毎月必要な費用をまとめます。違いが大きい滞在方法別に計算してみます。

  • ホームステイを利用した留学:216,000円/月
  • アパートを利用した留学:224,000円/月
  • シェアハウスを利用した留学:208,000円/月

バンクーバーで語学留学をする場合には1ヶ月に21万円ほど必要です。これは語学学校に通っている間なので、ワーキングホリデーなどのビザで渡航し、通学していない期間であれば学校関係の費用は必要ありません。
3ヶ月必要な場合にはこの金額に3を掛けた63万円ほど必要だということがわかります。

バンクーバーでの語学留学全体でかかる費用

続いてはバンクーバーで語学留学をする場合に一度だけ必要な費用です。主に日本での準備中に必要なお金です。

航空券

航空券を購入するにあたり、注意しなければいけないポイントは渡航の時期です。航空券はオンシーズンほど高く、オフシーズンほど安くなります。詳しくは『バンクーバーで留学・ワーホリするならオフシーズンに渡航したほうが絶対に良い3つの理由』をご覧ください。
オンシーズンの往復では16万円ほど、オフシーズンでは10万円ほどです。この金額は直行便での価格です。
このことから平均して直行便で往復13万円ぐらいと見積もっておきましょう。

なお、1年の長期になると往復での航空券が予約できない場合があります。その際には片道だけ予約しなければいけません。
そうすると片道で13万円ほどになってしまいます。つまり後ほど帰国の航空券を予約しようとすると倍のお金が必要になってしまいます。

もし、長期間の滞在で一時帰国の予定があるのであれば、往復の航空券を取っておくのもおすすめです。片道2回分の料金と往復2回分の料金はほぼ同じです。片道2回をそれぞれ予約しようとすると一時帰国分の航空券を別に予約しなければいけません。それならば往復2回を予約してしまえば一時帰国の分の交通費を節約できますね。

語学学校関連

バンクーバーにある多くの語学学校では入学金が必要です。入学の手続きをする際に一度だけ支払います。
語学学校の入学金の平均は1万円ぐらいです。

ビザ申請

カナダに留学する時に必要なビザの種類は通学する期間によって変わります。
ざっくりと言うと学校に半年以上通う方は学生ビザ、半年未満の方は観光ビザです。どのビザがあなたに合っているかは条件によって違います。『【比較】カナダに留学したい&働きたい あなたにおすすめのビザがわかるフローチャート』では簡単な質問に答えるだけであなたに合ったビザの種類がわかります。

学生ビザの申請は12,000円です。なお、カナダの移民に関するルールは頻繁に変わります。最新情報はカナダ移民局公式サイトでご確認ください。

一方で半年未満の通学の場合には学生ビザを取得する必要はなく、観光ビザで通学することが可能です。さらに日本人の場合には観光ビザの申請が免除されており、eTAという電子認証さえ申請すればカナダへの渡航と通学ができます。
インターネットから申し込むことができるeTAは560円です。

留学サポート

語学留学はすべて自分ひとりで準備をすることが可能です。しかし、ビザに関する情報がコロコロ変わるカナダの場合、最新情報を常に追っていくのは厳しいものがあります。
また、数え切れないほどの語学学校の中から自分に合った学校を選んだり、日本から滞在先を選ぶのは限りなく難しいといえます。
そんな時に頼りになるのがカナダワットのような留学をサポートするエージェントです。学校や滞在先の手配はもちろん、滞在中のトラブルの相談、渡航に日本での準備のお手伝いなど、あなたの留学をより良いものにするためのサポートを行います。

エージェントを利用する際には費用が必要になりますが、自分で手配する時間や手間を考えると無駄にはならないのではないでしょうか。
また、単純に金額だけを比較しても、エージェントを利用すると提携している代理店で航空券保険の申し込みができ、特別料金での手配が可能です。むしろエージェントを通したほうがトータルの費用は抑えられる場合もあります
なお、無料サポートとうたっているエージェントもありますが、結局はオプションとして費用が必要になってくることがほとんどです。無料ということばを単純に信じてはいけませんよ。

カナダワットの留学・ワーホリフルサポートは上記のサポートがもちろん含まれて、3万円です。正直に言ってこの価格は安すぎます。しかし、カナダワットでは留学生自身でできるものを省くことでこの低価格を実現しています。そして、提携する代理店を使い航空券保険特別料金で手配すれば、それだけで元が取れてしまいます。
詳しい内容はサポート紹介ページまたは料金詳細ページをご覧ください。

語学留学全体でかかる費用まとめ

バンクーバーへ語学留学に来る際に一度だけ必要な費用をまとめます。
日本にいる準備の段階でこの18万円ほどを支払います
なお、航空券の価格は季節によってかなり差が出ます。もし、渡航時期にこだわりがなく、費用を抑えたいのであればオフシーズンである冬の渡航がおすすめです。

まとめ

バンクーバーで語学留学をする場合に必要な金額をリストアップしました。
ここでもう一度、それぞれの金額をまとめてみます。

こちらがバンクーバーでの語学留学で毎月かかる費用です。

  • 授業料:100,000円/月
  • テキスト代:4,000円/月
  • ホームステイ:68,000円/月
  • アパート:76,000円/月
  • シェアハウス:60,000円/月
  • 携帯電話通信費:4,000円/月
  • 通学定期代:10,000円/月
  • 交際費:20,000円/月
  • 保険:10,000円/月

毎月、約21万円が必要になります。

そして、バンクーバーでの語学留学全体でかかる費用です。これは主に日本での準備期間で必要になるお金です。

  • 航空券:130,000円
  • 語学学校入学金:10,000円
  • 学生ビザ申請:12,000円
  • 留学サポート:30,000円

合計すると約18万円になります。
航空券は渡航シーズンによって金額が大きく変わるのであくまでも1年間の平均額です。

この2種類の金額を足し合わせると1ヶ月の語学留学の費用が計算できます。
バンクーバーで1ヶ月の語学留学をする場合、平均して40万円ほどが必要だということがわかります。

参考までに滞在期間ごとの費用の概算を記載しておきます。

  • 1ヶ月:40万円
  • 3ヶ月:83万円
  • 6ヶ月:150万円
  • 1年:280万円

長期間の場合には授業料や保険料が割引になります。上記の金額はあくまでも単純計算だということをご了承ください。

また、ワーキングホリデーや留学の一部の方はアルバイトをすることができます。その場合には月に10万円稼ぐことが可能です。
このアルバイトはあくまでも生活費の足しにする程度に考え、余裕を持った資金を準備していくことがおすすめです。

バンクーバーでの語学留学にどれぐらいの費用が必要かわかりましたか?
この記事内に出てくる金額はあくまでも今までカナダワットを利用して留学した方の平均値です。
実際の費用は渡航する金額や滞在プラン、あなたの生活スタイルによって大きく変わります。まずは、バンクーバーで何をしたいのか、日本でどれぐらいの生活費がかかっているのかを元に計画を立ててみてくださいね。
もし、あまりイメージが湧かないようでしたらお気軽にご相談ください

また、バンクーバーでワーキングホリデーを1年間する場合の最低限必要な費用は150万円です。1年間びっちり学校に通うわけではないので、ある程度費用が抑えられています。
詳しくは『バンクーバーでのワーキングホリデーで最低限必要な費用は1年間で150万円』をご覧ください。

今なら24時間以内に
質問の回答が返ってきます